愛媛県松山市近郊の観光モデルコースでお一人様の休日を満喫!

今回の記事では、松山市で一人暮らしを始めたい方や、すでに一人暮らしをしている方におすすめの観光モデルコースをご紹介します。

ほどよく便利な施設がそろっていながら、温かくのんびりとした空気が流れている愛媛県松山市。

松山城や道後温泉といった観光地はもちろん、自由な一人旅の行き先として全国から多くの方が訪れています。

松山を起点に、休日に日帰りで行ける絶景スポットや愛媛のソウルフードもご紹介!

次のお休みは忙しい日常から離れ、愛媛のお出かけスポットでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

【車なしOK】松山市の観光モデルコース

松山市で一人暮らしを始める方におすすめしたい、とっておきの休日を過ごせる観光モデルコースをご紹介します。

いずれも公共交通機関で行ける、車なしOKの観光スポットばかりです。

路面電車での移動や路地裏の散策を楽しみながら、まちの魅力を感じていただけたらと思います。

松山市・中心方面の賃貸一覧はこちら

松山城(滞在時間60分~)

まずは愛媛を代表する観光スポット「松山城」です!

標高約130mの山の上にあるお城で、夜景や桜の名所としても知られています。

山頂までの山道は、てくてく歩いて登っても良いですし、景色を眺めながらロープウェイやリフトで登るのもOK。

伊予鉄道の路面電車「大街道駅」から徒歩5分の所にロープウェイ・リフト乗り場があります。

松山城の一番の見どころは、天守防衛の究極の姿といわれる連立式天守です。

日本で12か所しか残っていない「現存12天守」の一つで、天気の良い日には松山の街並みを遠くまで見渡せて気持ちいいですよ。

ロープウェイ街(滞在時間20分~)

(※イメージ画像)

お殿さま気分を味わった後は城山を下り、大街道方面へと歩いていきましょう。

ロープウェイ乗り場から南へと伸びる商店街は「ロープウェイ街(がい)」と呼ばれ、お土産屋さんやカフェ・飲食店などが並んでいます。

全国的に知られる四国中央市の銘菓「霧の森大福」が買えるアンテナショップもありますよ。

一本路地裏へと入れば、地元の人に人気のカフェやバーなども点在していますので、覗いてみてくださいね。

坂の上の雲ミュージアム(滞在時間40分~)

「大街道駅」から徒歩2分、電車通りを西へと進んだところに、城山の緑に美しく映える「坂の上の雲ミュージアム」があります。

小説・坂の上の雲に描かれた主人公の人生や、明治時代にフォーカスした展示を通じて歴史ロマンを感じられる博物館。

建築家・安藤忠雄氏による作品としても知られており、建築ファンの方にもおすすめです。

さらに3分ほど城山のほうへ歩いていくと、純フランス風でフォトジェニックな建築物「萬翠荘(ばんすいそう)」もあります。

見学した後は「大街道駅」へと戻り、路面電車に乗って「道後温泉駅」へと向かいましょう。乗車時間は約11分です。

道後商店街(滞在時間20分~)

photo by @nyarcsk

レトロな駅舎「道後温泉駅」に到着すると、すぐ近くから道後温泉本館まで続くのが「道後商店街」です。

商店街の入口付近の広場には、決まった時間に小さな人形たちが踊り出すカラクリ時計や、どなたでも利用できる足湯があります。

お土産屋さんや飲食店がたくさん軒を連ねていて、食べ歩きグルメやスイーツも。

商店街を散策してお腹を満たした後は、いよいよ道後温泉です!

道後温泉(滞在時間40分~)

日本最古の温泉として語り継がれてきた道後温泉。

「道後温泉本館」のほか、「椿の湯」や「飛鳥乃湯泉」(あすかのゆ)といった3つの外湯、そして旅館やホテルの中には足湯や日帰り温泉を利用できるところもあり、その時々の気分でふらりと立ち寄れます。

道後温泉を見下ろせる「空の散歩道」は、源泉かけ流しの足湯がある穴場スポット。

予約をしなくても気軽に一息つけ、夜はフットライトの光でロマンチックな散策が楽しめますよ。

休日におすすめ!愛媛の絶景ドライブコース

「休日は少し遠くまで行ってみたい!」という方には、愛媛の絶景ドライブコースがおすすめです。

地元で人気の日帰りコースをご紹介しますので、ぜひ一度訪れてみてください。

瀬戸内しまなみ海道

愛媛県今治市と広島県尾道市とをつなぐ「瀬戸内しまなみ海道」

大小さまざまな島々を7つの橋が結んでおり、青い海と緑の木々からはゆったりとした時間が感じられます。

愛媛側に位置する「サンライズ糸山」は、松山市内から約70分でアクセス可能なレンタサイクル拠点の一つです。

自転車を借りてサイクリングに挑戦しても良いですし、施設内の「風のレストラン」では、景色を楽しみながら地元ならではの海の幸を味わうことができますよ。

ふたみシーサイド公園

photo by @nyarcsk

「日本の夕陽百選」に選ばれている「双海」(ふたみ)。

海水浴場としても人気の「ふたみシーサイド公園」は、松山市内から約40分のドライブでアクセスできます。

砂浜と海岸線を一望できる「夕日の観覧席(階段式護岸)」は、伊予灘に沈むオレンジ色の太陽を眺めるのにぴったり。

公園内の「道の駅ふたみ」には、おしゃれなレストランやショップが並んでいます。

四国カルスト

photo by @nyarcsk

愛媛県と高知県にまたがる「四国カルスト」は、四国のスイスとたとえられる絶景スポット。

県道383号線は「天空の道」とも呼ばれ、白い岩肌の石灰岩と緑の大草原とのコントラストを間近に見られるドライブコースです。

松山市から四国カルストまでは約2時間。冬季は通行止めになりますので、公式情報に注意してみてみてくださいね。

愛媛のソウルフード

最後に、地元で親しまれている愛媛のソウルフードをご紹介します。

【松山】鍋焼きうどん

photo by @nyarcsk

甘めの出汁と柔らかい麺が特徴で、アルミの器に入っている「鍋焼きうどん」

コシの強いさぬきうどんとは全く違う、松山で長く愛されてきた優しい味です。

銀天街のほど近くにある「ことり」さんや「あさひ」さんのほか、道後エリアの「mammam」(まんま)さんが知られています。

【松山】三津浜焼き

photo by @nyarcsk

二つ折りの半月型が特徴の「三津浜焼き」

ちくわを使い、牛脂や魚粉といった広島のお好み焼きとは一味違うトッピング・隠し味を楽しめます。

三津浜焼き推進プロジェクトさんのHPによると、三津浜エリアには30店舗以上の三津浜焼き協力店があるそうです!

【今治】焼豚玉子飯

photo by 海賊つうしん。

「西日本B-1グランプリ」で2017年に優勝した「焼豚玉子飯」

ご飯の上に香ばしい焼き豚と目玉焼きが乗っていて、ソースのマッチングがクセになる一品です。

今治市内の中華料理屋さんなどでいただくことができます。

【宇和島】鯛めし

photo by @nyarcsk

愛媛の鯛めしには2種類あり、炊き込みご飯スタイルの松山の鯛めしと、タレ漬けのお刺身をごはんに乗せていただく宇和島の鯛めしがあります。

宇和島駅前の「かどや」さんは、松山市内にも出店している「宇和島鯛めし」の人気店。

生卵を溶いた醤油と薬味の風味が相まって、とびきり贅沢な卵かけごはんを味わえます。

【八幡浜】ちゃんぽん

鶏がら・鰹・昆布などをベースに出汁をとり、あっさり風味が特徴の「八幡浜ちゃんぽん」

八幡浜市のHPによると、食堂やカフェなど市内30店舗以上で提供されているとのことです。

松山市から八幡浜市までは車で約70分(有料区間あり)。休日にお出かけしてみるのも楽しそうですね。

一人暮らしのご相談は三福のアパマンショップへ

今回の記事では、お一人様におすすめの松山市の観光モデルコースのほか、愛媛の絶景ドライブスポットや、地元で親しまれているソウルフードをご紹介しました。

松山市で一人暮らしを始められる皆様のお出かけ情報として、ぜひお役立ていただけると嬉しいです。

愛媛県松山市・伊予市や東温市・砥部町で賃貸マンション・アパートを借りるなら、松山エリア98%の物件をご紹介できる三福のアパマンショップへお任せください!

三福のアパマンショップ・松山賃貸ナビへ

関連する記事