分譲賃貸のメリットとデメリットまとめ!安いお得なケース・稀にトラブルも!?【三福・アパマンショップ松山北店】

お部屋探しをしていると、「分譲賃貸」というワードが目につき、気になっている方もおられるのではないでしょうか?

分譲賃貸って何なの?そして、一般的な賃貸物件との違いは何?今回は、そんな分譲賃貸のメリットとデメリットについて解説します。

分譲賃貸とは?一般的な賃貸物件との違いは何?

分譲賃貸とは、分譲マンションを購入された所有者が、賃貸マンションとして賃料と引き換えに貸し出している物件です。

元々が長く住み続ける為の分譲マンションなので、「あったら嬉しい」設備や機能が備わっていることも多いでしょう。

優れた設備をお安く賃貸できるってほんと!?分譲賃貸のメリット

まずは、分譲賃貸のメリットについてご説明します。

防音性、耐震性が優れている

マンションが建てられた年代や時期によって一概には言えませんが、分譲マンションはコンクリート壁を厚くして防音性や遮音性を高めていたり、横揺れや繰り返しの地震に強いとされる免震構造を採用して耐震性を高くしたりしているケースが多いので、防音性や耐震性が優れていると言われています。

ハイグレードな設備

分譲賃貸の場合、使用される設備は建設時点における最新モデルであることがほとんどです。

一般的な賃貸物件では享受できなかった利便性や居住性の向上を図ることができます。

また、これらを含めた共用スペースが、管理人さんや清掃員さんによって常に清潔な状態に保たれていることも魅力の1つです。

防犯性に優れている

防犯カメラやオートロックはもちろんのこと、管理人さんが常駐・常勤している物件も多く、セキュリティ面も安心です。

分譲マンションは、一般的な賃貸物件に比べて防犯性が優れていると言えるでしょう。

賃料がお安く設定されている場合がある

一般的に分譲賃貸の賃料は高めに設定されていることが多い分譲賃貸の物件ですが、中には期限付きで賃貸されている物件があり、そのような物件の賃料は相場より安めに設定されている場合があります。

トラブルには要注意!分譲賃貸のデメリット

分譲賃貸のデメリットもご紹介します。

賃料が比較的高い

分譲タイプの賃貸マンションは、その安全性や快適性、防犯性やサービスレベルの高さゆえに賃料も高いケースが多いです。

期限付き契約の場合がある

所有者が転勤などの一時的な不在期間に部屋を賃貸している場合は、その契約期間に限りがある可能性があります

そのため、賃料が相場よりも低く設定されているものもあります。

つまり、賃料が比較的高いとされる分譲賃貸を「お得に借りられるチャンスがある」と考えることもできます。

物件数が少ない

賃貸マンションの総数に対して、賃貸市場に出ている分譲賃貸マンションの物件数は少ないため、一般的な賃貸マンションに比べて選択肢が少ないのが実情です。

そのため、人気がある物件は早い者勝ちとなることも多いでしょう。

オーナーさんの知識不足によりトラブルが発生することも…

賃貸目的でマンションを購入した人でない場合は、不動産の知識が限定的である場合がほとんどです。

したがって、無事に賃貸借契約が成立しても、認識や見解の不一致が原因で、後からトラブルが発生することもあります。

また、マンション管理規約と賃貸借契約書の記載内容に違いがある場合も注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1.2.3月の転勤時期になると分譲賃貸物件が増えてきますので、分譲賃貸物件をお探しの方はぜひお気軽にお問合せくださいね!

アパマンショップ松山北店Instagramでもご説明しています

三福綜合不動産・アパマンショップ松山北店Instagramでもご説明しています。

フォロー・いいねをぜひお願いします(^^)

分譲賃貸のことなら三福アパマンショップへ!

愛媛県松山市・伊予市や東温市・砥部町で賃貸マンション・アパートを借りるなら、松山エリア98%の物件をご紹介できる三福のアパマンショップへお任せください!
「松山賃貸ナビ」で住みたいエリアや学校・職場の最寄駅から物件を素早く検索できます。

【松山賃貸ナビ】松山の賃貸マンション・アパート情報

関連する記事